「要支援」と「要介護」ってなんのこと? ー介護認定ー

 

足の悪い父親が介護認定を受けた結果「要介護1」となりました。介護認定では「要支援」と「要介護」という2つの言葉があります。違いはなんだろうと家族介護初心者の私が調べてみました。

 

「要支援」と「要介護」とは

食事・移動・トイレ・清潔保持・間接介護などに、他人からの手助け時間がどれくらいかかるかにより変わるようです。下の表が厚生省により表示されている目安です。

手助けの必要な時間 低下している日常生活能力
要支援1 25分~ 起き上がり・立ち上がり
要支援2・要介護1 32分~ 片足での立位・日常の意思決定・買い物
要介護2 50分~ 歩行・洗身・つめ切り・薬の内服・金銭の管理・簡単な調理
要介護3 70分~ 寝返り・排尿・排便・口腔清潔・上位の着脱・ズボンの着脱
要介護4 90分~ 座位保持・両足での立位・移乗・移動・洗顔・洗髪
要介護5 110分 麻痺(左下肢)・食事摂取・外出頻度・短期記憶

*「要介護認定の仕組みと手順 厚生労働省老人保健科」 厚生省のHPを参考にしました。

 

「要介護1」はどんな状態    

要介護1はどのような状態かと言うと、この表のように単純ではありません。要介護1の父親ですが、要介護2以上の状態にも当てはまるものが多くあります。

例えば、要介護2の「洗身・つめ切り・薬の内服・金銭の管理・簡単な調理」は自分で出来ませんし、要介護3の「口腔清潔・着替え」もできません。また要介護4の「洗顔・洗髪」においては出来なくはないがやる気がなく、自分でやりません。

現在は食事とトイレは自力で行けますが一日の大半を寝て過ごしています。お風呂はかろうじて1人で入れますが、あまり体を洗えていないようです。数年前までは毎日朝風呂に入るのが日課でしたが、今は月に1回入るかどうかです。

たぶん洋服を脱いだり着たりが困難なのではと推測しています。手助けしようにも「自分でできるのでいらん」と受け付けません。お風呂に入れるデイ・サービス利用を検討中です。

介護認定はどこに申し込むの?

「地域包括センター」という所で申し込みを受け付けています。地域包括センターは各市町村により場所が異なりますので、お住まいの町役場や市役所にてご確認くださいね。私の地域では市役所の中にあり申し込みできました。

 

まとめ

以上、「要支援」と「要介護」の違いについて、我が家の場合に当てはめてみました。介護認定は専門の方が国の基準に沿って行うので詳しくはわかりません。目安としてお考えください。

介護の世界は知らないことばかりなので、これからもいろいろ調べていく予定です。

お読みいただきありがとうございました。

 

*参考資料 「要介護認定の仕組みと手順 厚生労働省老人保健科」 厚生省

https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11901000-Koyoukintoujidoukateikyoku-Soumuka/0000126240.pdf

 

英語をうまくなるにはNHKラジオ講座がおすすめ

長い歴史のNHKラジオ講座は「英語が上達する」と英語のプロや上級者に評判です。あまりに身近な教材すぎて驚くかもしれませんが、海外留学しなくても高い学費を払わなくてもラジオを通して英語はうまくなります。

ラジオ講座を継続することでナチュラルな発音や英会話力、単語力、リスニング力などを鍛えることができ、英検やTOEICなどの検定試験も対策できます。

ラジオ講座のレベルはどれくらい

講座は小学生対象の「基礎英語0」から、中学生・高校生向け、ビジネスパーソン向けのビジネスまで10講座以上と幅広いレベルです。きっと自分に合う講座が見つかりますよ。書店で簡単に手に入るテキストやCDもあるので手軽に始められます。

ラジオ講座のメリットは

  • テキストの品質が高い
  • 講師陣が一流
  • 1回の放送時間が短い

と継続しやすいことです。

ラジオ講座の内容

覚えるとすぐに誰かに言いたくなる自然な言い回しが満載。多くの講座は10行程度の会話で、キーワードの文章や単語を何度も口に出して練習する内容です。トレンドを取り入れた表現も楽しみの一つです。

ラジオ講座の講師陣

次に、講師陣ですが

  • 英文法の本がベストセラーの大学教授大西泰斗先生
  • 海外での仕事経験や外国人とのビジネス取引豊富な起業家の杉田敏先生
  • 文化放送「百万人の英語」講師の遠山顕先生

をはじめとして、わかりやすい教え方が人気です。

英語を話すチャンスがない人には

英語学習は覚えた表現や単語をどれだけ自分で使うかが上達のコツです。NHKの英語講座サイトでは、「ゴガクル」という英語学習者の交流スペースがネット上にあります。

英語を学習する仲間と情報交換や会話することでモチベーション維持が可能です。覚えた表現で一行日記を書くコーナーもあるので英語のアウトプットを続ければ自分の英語学習記録にもなりますよ。

「いつかは英語を話せるようになりたいな」と思っているのなら、まずはラジオ講座でワンフレーズ覚えてみませんか。ラジオ講座サイトではストリーミングで先週放送分が無料で聞けます。ぜひ試しにスマホまたはPCでラジオ講座聞いてみてください。